FC2ブログ

学習塾 Q のスタイル。

workspace-2167299_640.jpg






目指すは「主体的」に生きること

課題があるからやる、テストがあるから勉強する、怒られないために勉強する。

この考え方を変えていきたいです。

自分で目標をたて、その目標を達成するためにやるべきことをやる。

それが勉強であるならば塾を利用してもらえればいいと思います。


将来、進学先の選択、就職先の選択、転職するか否か、起業するかどうかなど決断を迫られる時が必ず来ます。

その時に、自らの責任で後悔のないような判断ができるようになっておいてほしいのです。

そのためにも、少しずつでも自分に自信を持てるようにしていってもらいたいです。

勉強が苦手でも、できるようになりたいという気持ちを持っていれば思った以上にできるようになります。

勉強を通じて自信をつけていくサポートをさせていただきます。








自分で解決する力をつける


こちらから積極的に教えるということはしません。

まずは目標をいっしょに考え、それを達成するために何をすべきかを考えます。

生徒の学力に応じた教材、問題の選択はさせていただきます。

現状の学力に合わない難しすぎる問題や、簡単すぎる問題はやるべきではないという指示はしていきます。

そこから先は、なんとか自分の力で解決しようとしてもらいます。

どんどん質問してくれるとうれしいです。

調べればわかりそうな質問には、調べてみましょうという指示を出します。

すぐ答えを教えないので、「先生いじわるやなあ」といわれたこともあります。

すぐ答えを言えばお互い楽なのですが、いじわるといわれようともぐっと我慢して教えません。

参考書、教科書、映像教材、インターネットなどあらゆるツールを使って解決できるようにアドバイスします。


なんとか解決しようとしてがんばってみても、納得いかない部分も出てきます。

そんな時はいっしょに調べながら、こちらの頭の中を示しつつ解決していきます。

「なぜそうなるのか?」と質問を受けたときにどう考えたのかを聞くと自分で解決できることも多々あります。

質問に質問で返していくことで、自分考えを言葉にすることで頭の中が整理でき、理解が深まっていくのではないでしょうか。






初めて出会う問題に対応する力

これさえつけばどんな困難でも解決できるのですが、なかなかに難しいです。

物事をシンプルに考えて、簡単に解決できる方法を探し出す。

大学入試でも難しい問題が出題されますが、何を問われているかが見抜ければ、基本問題の組み合わせであることがわかったりします。

基本事項をしっかり理解して日々問題に挑戦することが大切です。

スポーツでも音楽でも、どの分野でも基礎は大切です。

勉強も同じです。

基礎をマスターするためには反復練習するしかないです。

自分のものにするために、何度も何度も繰り返し練習することでできるようになっていきます。

大人でもダイエットや禁煙をひとりでやろうとすると途中でくじけてしまいがちです。

ひとりではなかなか続かないことでも、周りに仲間がいたり、応援してくれる人がいると成功する確率は高まると思います。

少しでも勉強を頑張りたいと思っているのであれば、塾を利用することも検討してみてください。






宿題なし・時間制限なし

基本的に宿題は出しません。

家ではゆっくり過ごしてもらいたいですし、休日は遊びにも行きたいでしょう。

その分塾に来てたっぷり問題演習をしてもらえればと考えています。

勉強するときは集中してやる、遊ぶ時は思いっきり遊ぶ。

オンとオフをしっかり切り替えて生活してください。

たっぷり学習時間を確保してもらうためにも、指導時間に制限を設けていません。

ただ、効果的に学んだことを自分のものにしてもらうためにも、最低週2回の通塾はお願いしています。

学んだことを習熟させるのにも生徒によってそれぞれかかる時間は違ってきます。

できるようになるまで、納得のいくまで時間を気にせずにがんばってもらいたいです。

通塾回数が増えることによって経済的負担が増えることも避けたいので、授業料は定額制にしています。

塾の運営の都合上、全く勉強が手につかない生徒、全くやる気のない生徒は時間とお金を浪費するだけになる可能性が高いので、家庭教師または個別指導の塾に通われる方がいいのではないかと思います。

少しでもやる気のある生徒、なんとか学力をあげたいと思っている生徒は大歓迎です。




実際に塾に来て体験してもらうのが一番なので、気軽に体験しに来てください。

授業を体験してみて入塾にいたらなかったケースはたくさんあります。

入塾しても、塾をやめて他の塾に通い、しばらくしてから戻ってくる生徒もいます。

塾を変えまくるのはおススメしませんが、合わないと思ったら環境をかえるのもいいかもしれません。

退塾の際も引きとめたりすることはしません。



篠山市内のすべての塾の体験に行ってもらいたいぐらいです。

自分の目で確かめて、体験して、自分に合いそうな塾を選んでください。





















勉強するのに最適な場所。

library-488679_640.jpg






どこで勉強すべきか?


結論:どこで勉強してもいい



自分が集中できる環境であればどこで勉強してもいいと思います。

集中できる環境であることが前提です。

わからないことをすぐに調べられる環境であればなお良いと思います。

自分の部屋や図書館、学校や塾の自習室など。

ちなみにボクはいろんなところで勉強してました。

家、予備校、図書館、ミスド、ファミレス、モス、マクド、電車の中など。

家ではテレビの前のコタツの上でチラシの裏に問題を解いてました。

疲れたらすぐテレビを見られていいですよ。(まねしないでね。)

音楽も聞きながらやっていました。

集中すると音楽は全く耳に入ってこなくなるので、音楽を聴く意味があったのかは疑問ですが。

図書館で勉強するのもいいですね。

疲れたら本や新聞読めますし。

ミスドはコーヒーが飲み放題だったのでかなりおすすめです。

混雑してきたら席を譲ってあげてくださいね。

多少雑音があった方が集中できるという話も聞いたことはありますが、人によると思います。

結局、集中できる人はどこでやっても集中できるのかなと。

自分に合った環境を見つけてください。






友だちと勉強する

これは全力で止めてください。

友だちと勉強すると言って集中できている人を見たことがありません。

ボク自身もできた記憶はありません。

友だちの家に行けばゲームをし、友だちとファミレスに行けばおしゃべりをする。

休憩するタイミングも違うので、ずっと休憩しているかんじになります。

足の引っ張り合いです。



勉強は集中できる環境でがんばりましょうというお話。







関連記事

夏休み。

natural-1641791_640.jpg





夏休み、どう過ごしますか?

せっかくの長期休暇なので、今しかできないことを思う存分やっておきましょう。

遊ぶ日は勉強のことなんか忘れておおいに遊びましょう。

勉強する日は遊びのことを忘れて一生懸命勉強しましょう。

遊びの予定をしっかりこなすなら、勉強の予定もこなしましょう。

夏休みなんてあっという間に終わってしまいます。

やっておけばよかったということが極力でないように、あれもこれも挑戦してみてください。



受験生は勉強漬けでもいいと思います。



受験の年の夏休みは勉強に打ち込むことになると思うので、それも考慮して非受験生は夏休みを満喫してください。








関連記事

政策金融公庫の申し込み完了。

IMG_20170725_212613.jpg





申込完了

創業セミナーにも参加しました。

創業計画書も書きました。

事業計画書もなんとか形になりました。

ほっと一安心して商工会の人に「ありがとうございました」といったところ「これからですよ」というありがたいお言葉をいただきました。

さらに宿題として、もうひとつ申請してみましょうという案件を紹介していただきました。

正直いっぱいいっぱいなのですが、やります。

前に進んでいるかんじです。

勉強している生徒たちに負けないようにがんばります。












関連記事

週末。

IMG_20170723_174646.jpg





三田ビアフェスタにいってました

夏はやっぱりビールです。


IMG_20170723_175031 (1)

おいしいビールをいただいてきました。




IMG_20170723_175123.jpg

5人家族だと出費がかさみます。

ビール代がほとんどといううわさもありますが。




IMG_20170723_194032.jpg

贅沢な週末でした。
関連記事

無人駅イノベーションプロジェクト。

20170529225616.jpg







定例のミーティングに行ってきました

塾生(高校生)をひきつれて参加してきました。

なかなかに高学歴の人がうじゃうじゃいるので、かなり刺激になっているようです。

駅前でマルシェ的な何かをやってみようかということになりそうです。

どこまでやれるか楽しみです。

自分自身も参加させてもらってみんなからパワーをもらっています。

最後までやり切れたらすごい自信になると思います。

ということで、いろんなイベントに塾生連れて参加しようと決めました。

ボク自身も成長できるので。


関連記事

部活と勉強の両立。

lacrosse-1584081_640.jpg





基本的にできないと思っています

とはいっても、できる人はいます。

やっていた人も見てきました。

部活をバリバリこなし、塾に通い、旧帝大に進学していきました。

残念ながらこれは稀なケースです。

高校生の時はサッカー部で朝錬して授業は寝て、夕方練習して帰って寝るの繰り返しでした。

阪神大震災が起きたのが5時46分。

朝錬に行こうと、朝ごはん食べてました。

正直、部活は楽しかったです。

勉強時間は失いましたが。

引退してから駿台予備校に通いまぐれで神戸大学に。

これまたレアケースなので真似しないでください。

大学に入ってからも反省の色なく、体育会ラクロス部に入部。

ラクロスしすぎて留年しました。

単位を失いました。

やっぱり部活って楽しいんですよね。





だからこそ

勉強ばっかり、部活ばっかりにならないように気をつけたいところです。

部活にのめりこんでいる人って気付かないと思うのです。

のめりこんでるから。

酔っ払っている人が酔っ払ってないというのと同じ。(同じ?)

客観的に見ることができて、信頼されている人が、ソフトに伝えてあげられたらいいのですが。







関連記事

居眠りする生徒。

winks-2383407_640.jpg





基本的にはそのまま

体調を整えて塾に来てください。

しんどい、眠たいと感じたら家で寝てください。

睡眠時間は大切なので、塾で寝るより布団で寝ましょう。

頭の中が寝ている人がどれだけ勉強しても身につくことはありません。



少し寝るとすっきりするので、眠そうにしながらがんばっている生徒には、「ちょっと寝てからがんばり」と言います。

ボク自身、眠気に勝ったことがないので寝ることは正義です。

運転中なら車を止めて寝ます。

教室に入る前には昼寝もします。

無理しすぎないように、体調を整えてがんばりましょう。












関連記事

2次関数はできるようにしておいてほしい。

mathematics-1509559_640.jpg





高校1年生の2次関数

けっこうつまづく生徒が多い印象。

中学1年生で比例・反比例。
中学2年生で1次関数。
中学3年生で二乗に比例する関数。
これも苦手な人が多い印象です。

高校2年生からの数学Ⅱ・B。
三角関数、指数関数、対数関数、3次関数など。

2次関数ができていないとちょっとしんどい。

「ここからは2次関数の問題になるね」というところでつまづいてしまう。

問題の解き方はわかったけど計算の仕方が分からないという感じ。

もったいない。

数学がどんどん苦手に、嫌いになりかねない。

ぜひとも高校1年生のうちに、嫌いになる前にできるようになっておいてほしいです。




関連記事

日曜、祝日はお休みです。

ブログも日祝お休みでいいですよね。

ダメですか?

お休みの日にパソコン触りたくないし。。

(自分に負けて、言い訳ばかりする人)
関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: