質問することの難しさ。

questions-2408093_640.jpg






質問ができる人になろう


うちの塾では、問題を解く時間をたっぷりとりたいので「教える」ということは最小限にしたいと思っています。

どんどん問題を解いてもらって、いっぱい間違えて、そこから何かを学んでほしいのです。

試行錯誤して、答え合わせをし、問題の解説を読み、理解し納得したうえで新しい問題に対応できるようにしていく。

そういう学習をしていれば、どこかでつまづくだろうと思うのです。

一人でどんどん先に進んでいける生徒はごくまれだと思います。

そうじゃないから塾を利用するわけで。

せっかく塾に来ているのだから、どんどん質問してほしいのです。

最初はしょうもない質問でもいいのです。(決して「しょうもな」とは言いませんのでご安心を)

質問するうちに、質問のレベルは上がっていくのです。

「ボクはこう考えたんですがあっていますか?」「ワタシは違うやり方でやってみたんですけどあってますか?」みたいに。


塾に来て間のないうちは「わからんとこない?」とか「ここはなんでまちがえたん?」と声を掛けます。

ついでに雑談もします。

気軽に質問できる環境は整えているつもりです。

それでも、「質問する人」と「質問しない人」に分かれていきます。






なぜ質問しないのか

ボク自身は質問は極力しないほうでした。

とにかく自分で納得いくまで調べていました。

それでも無理なやつは放置していました。←一番ダメなやつ



質問しない理由をボクなりに予想してみました。

1.面倒くさい

2.わからないことを認められない

3.わかったと思っている

4.質問のしようがない問題を解いている



いろいろ考えてみると、極端に勘違いしていない限り、結局「面倒くさい」に集約されるのではないのでしょうか。

面倒くさいから質問しない。

面倒くさいからわかったことにする。

面倒くさいから間違えたところも見直さず放置する。

面倒くさいから質問が出ないような勉強(作業)をする。

学習者の皆様、いかがでしょうか。

面倒くさがっていませんか?


そりゃ、確かに質問すればどこが間違っているのかを指摘されたり、自分で見つけさせられたり、類題やさらに練習問題を持ってこられたりしますよね。

面倒くさいですよね。

わかります。


それを乗り越えて本当にできるようになっていくと、違った景色が見えると思うのです。

できるようになるとスラスラ問題が解ける、たくさん解ける、たくさん解くから理解が深まる。

面倒くさい壁を乗り越えるといいことづくめなのです。






質問できる人はどんな人?


素直な人が多いという印象です。

わからない自分を素直に受け入れられる。

アドバイスを素直に受け入れられる。

眠たいときは素直に「ちょっと寝ます」と言える。

勉強に疲れたら素直に「ちょっと休憩します」と言える。(質問しない人はこそこそスマホをいじったりしがち)


いいことも、そうでないことも総じて素直な印象ですね。




結論:自分に正直に生きよう






関連記事

11月3日は四谷大塚全国統一小学生テスト。

500_100.jpg




お申し込みはコチラです。






会場はこちらです。





見直し授業も実施しますので、ぜひご利用ください。




うちの息子(小2)も毎回受験しています。

対策は一切せずに受験しているので結果は散々です。

結果がどうあれ楽しくテストを受けてほしいので今のところはそれでOK。

勉強は楽しいということを刷り込んでいきたいです。






工作の時間。

IMG_20170920_173133.jpg









たまには工作もしてみる



いつでも作っていいよと言いつつ誰も手を出さなかった「大人の科学」

ついに開封される時が。



IMG_20170915_191524.jpg

授業見学に来られた方がいるときに、ピンポイントで工作を始める高校生たち。

空気を読まないことこの上なし。



IMG_20170919_193332.jpg

中学生も挑戦。

こちらのほうが静かに周りに気を使いながら、制作してたよ。

完成には至りませんでしたが。




IMG_20170920_205000.jpg

もっと買ってほしいとの声もありましたが、ちょっとお高いので要検討。













関連記事

突然のセンター現代文対決。

IMG_20170919_201157.jpg







数学につかれたので現代文?

数学を自身の課題とする高校たち。

3連休のあとはやる気が出ないとおっしゃる。

なんだかんだと言いながら、数学を頑張っていたのだけれどとうとう力尽きる。

何も手につかないときにやることを決めておくといいよという提案をする。

「じゃあ現代文やります。」

理系のボクからすると全く理解できない思考回路。

息抜きには「数学やる」派。


センター試験を解いたことがないというので、2010年度評論を渡す。

見直しのために一緒になって解く羽目に。

解くだけならまだしも、説明できるくらいに読み解くのはやっぱりつらい。

解き終わった後には、答え合わせと見直し。

一方的に解説するのではなく、一緒に意見を出し合ってみた。

ちなみに点数は、ボク:42/50(1問間違えたー!)、高2男子:40/50(進研模試国語偏差値70)、高2女子:32/50(進研模試国語偏差値66)、時間制限は20分。

辛勝。

初めて、20分、高2ということを考えると十分すぎる結果。

見直しをしても、自分の言葉でこの選択肢のここが違うと指摘できたり、本文のここがいまいちよく読み取れないなんていう質問が飛んでくる。

やっぱり大変。


最後には評論が苦手と言っていた二人ですが、手ごたえを感じて「楽しかった。またやりたい。」と言ってくれました。

うれしすぎます。

でも大変なんです。

でもいつでもやりますよ。



双方向でやり取りしながら問題に取り組むのはやっぱりいいですね。







関連記事

哲学を学びたい。

IMG_20170919_163406.jpg






哲学の門をたたきたい

と、高校生たちがおっしゃるので、買ってみました。

「はじめての哲学的思考」 苫野一徳著



ボクも読んでみたかったのでポチリ。

書評なんて書けないですが、思ったことを箇条書きに。


万人が納得するシンプルな言葉を探すのが哲学。

自分の主張、相手の主張のどちらか勝敗をつけるのではなく、第3の道を見つけられるような議論をしよう。

自分の体験は一般化しがち。

信じるものは己の欲望。

その欲望と折り合いをつけよう。

二項対立的な問いには気を付けよう。


こんなところでしょうか。


最初のほうに、哲学的対話をやってくれたらうれしいと書いてあったと思うのですが、やりたい気持ちはあるものの、かなりの力量がいるのではないかと思う次第です。

ひとつテーマを決めて答えを作り上げるのは楽しそうなので、やってみたいなあ。



ハーバード白熱教室(マイケル・サンデル)なんかは楽しんでみてたのですが、「問い方のマジック」に陥っているらしくディベートとしては・・・とのこと。

一応授業だから進めたい方向にもっていきたかったのかな?

トロッコ問題とか面白いからいろんな人に聞いている。

若者は自然と第3の選択肢を模索してくる印象。



これを高校生たちに読んでもらって、感想を聞こう。

哲学的対話ごっこができればいいなあ。

すべては「ごっこ」からはじまる。













関連記事

塾の様子。

IMG_20170914_162936.jpg









今日も勉強頑張るぞ

と思ってきてくれると嬉しいのですが。



IMG_20170914_162952.jpg

入口です。

開けます。






IMG_20170914_163003.jpg

きれいにしてくれています。(by テナントのオーナーさん=かわらやさん)






IMG_20170914_163013.jpg

回れ左をして階段を上がります。





IMG_20170914_163035.jpg

左手にトイレがあります。

右に進むと






IMG_20170914_163041.jpg

2階の扉です。

開けます。






IMG_20170914_163055.jpg

さらに進みます。






IMG_20170914_163117.jpg

さらに開けます。

最後まで丁寧に閉めないと閉まりにくいので、ご協力よろしくお願いします。





IMG_20170914_163132.jpg

靴を脱ぎます。

下駄箱に入れます。

スリッパをはく人、はかない人。

自由です。





IMG_20170914_163143.jpg

カードをかざして、入室のお知らせメールをおうちの人に送信します。

帰る時も忘れずに!







IMG_20170914_163206.jpg

その下に各生徒のプリントボックスがあります。

前回の続きから始める人はそれをとって好きな席に着きます。






IMG_20170914_163224.jpg

ボクが特に何もしていなければ、今日の予定を確認して学習スタートです。

何かしていればみんな勝手に始めてくれています。

手が空き次第、声をかけて予定の確認です。






IMG_20170914_163322.jpg

「今日の学校の授業がよく理解できなかったので解の公式のプリントください。」

素晴らしい!

塾生の鏡!

どこでどうつまづいて、何ができていないのかをヒアリングしたのち、ちょうどよいレベルのプリントを提供します。

今回は、解の公式を習ったばかりで覚えていなかっただけなので、実際に問題を解きつつ繰り返し解くことで自然と覚えてもらいました。

帰り際、すごくすっきりした顔で帰っていきました。

うれしい限りです。

明日になったら忘れてると思うから、明日復習しようねとは伝えておきました。






今日も「French」って何ですか?という質問が来たので、「ん~、それは辞書に載ってるな~」とやさしく答えておきました。



生徒:「フレンチレストランのフレンチか・・・フランス料理・・・」

ボク:「ほぼ答え出てるやん。JapanとJapaneseの関係みたいなもんや。」

生徒:「フランス語か!」

みたいな会話もしました。



やっぱり楽しいですね。



関連記事

プログラミング講習会に参加してきました。

IMG_20170903_163956.jpg






おすすめプログラミング教材「scratch」


IMG_20170903_164041.jpg

階段を上ると「となりの人間国宝」さんのシール!

誰が来たのか聞いとけばよかった。

ちなみにうちのばあちゃん(祖母)も「となりの人間国宝」です。

円広志さんが来ました。





IMG_20170903_173153.jpg

地元篠山でやってくれるなんて、うれしすぎます。

縦横無人に飛び回る蝙蝠から逃げまわるゲームを作りました。

漢字もほとんどなく、色分けもされているので低学年でもなんとかできそうです。

小2の息子を連れて行ったのですが、なんとか一人でできそうでした。

説明も丁寧にしてくれるので、心配無用です。

家のパソコンを持って行ってたのですが、マウスはあったほうがいいなと思ったので、次に行くときは持っていきます。





普段は全くパソコンに触らせていないので余計に楽しかったんだと思います。

その日は家に帰ってからしっかり復習しておきました。

それ以来触っていないので、もう忘れているかも。

虫とパソコンどっちが好きか聞いてみたところ、どっちもという欲張りな回答をいただきました。

プログラムが書ける虫博士にでもなってもらいましょう。






関連記事

募集状況

おかげさまでたくさんの生徒が通ってくれています。

小さい塾なのでたくさんといっても15名ほどです。

売り上げのことを考えるとどんどん入塾してもらいたいのですが、継続して塾を続けることも考えると各学年ともある程度の人数で募集停止とさせていただきたいと考えております。(高校3年生しかいなかったら次の年にはつぶれてしまうので)

難しいところです。



現在の募集状況


高校3年生:応相談(今からこちらが何かできることはあまりなさそうなので)

高校2年生:1~2名募集(なぜかたくさん来てくれています)

高校1年生:5~6名募集(それなりの大学を目指すなら、高1のうちから頑張っておいてほしいというのが本音です)

中学3年生:応相談(高校受験に向けては苦手な教科ひとつなら何とかなるでしょうか)

中学2年生:3~4名募集(個性派がそろっています)

中学1年生:絶賛募集中(まだひとりもいません)

小学生:応相談(在籍中の小学生が話し相手がいないと寂しがっています)



という感じです。

大学受験まで視野に入れて、高校生になっても通塾を検討している中学3年生は大歓迎です。



よろしくお願いいたします。






関連記事

質問の種類。

IMG_20170828_184001.jpg





質問のレベルを上げてほしい

〇「これ何ですか?」→調べてみましょう。


「what」な質問は、自分で解決できることがほとんど。

漢字の読みはうまい調べ方を未だに知らないので、それは読んであげます。

読みは皆さんどうしているんでしょう?

漢和辞典?

何かいい方法があれば教えてください。

単語の意味は調べればすぐわかりますし、読み方も電子辞書やパソコンで調べれば読み上げてくれます。

社会や理科の語句に関しても頑張って調べてほしいです。

調べたうえで、「これって、こういうことですか?」っていう質問をしてくれるとうれしいです。






〇「計算が合いません」→合うまでがんばる!


「もう一回計算してみて」で解決することはよくあります。

よく、「あっ、、」ってなってる光景を目にします。

その時に、間違えた計算の跡を消さずに残しておいて、どこが間違えたのか検証すれば次に同じ間違いをしないように気を付けることができるようになります。

「もう一回・・」といった瞬間に今までの計算を全部消しちゃう生徒もちらほら。

「消しゴム使用禁止」にしようかな?

途中の計算を、計算が簡単なときからバカ丁寧に書けるようにしておいてほしいです。

複雑な計算に入ったときに、途中の式を丁寧に書いてみてといっても書けない状態になっていたりするのです。

バカ丁寧に書けるようにしつつ、工夫することも考えてほしいです。

めんどくさい計算を工夫して簡単に考えるようにしていくのです。

どんどん手抜きの計算方法を編み出していきましょう。






〇「わかりません」→問題の解説を読んでみよう


問題を解いたら必ず答え合わせもしてください。

解く→答え合わせ→間違いなおしまでがワンセットです。

そこまでやってわからないところを質問するようにしてみましょう。

解説にもわかりにくいところや違う解き方もあるので、そんなときはいっしょにじっくりあーでもないこーでもないと言いながら楽しみましょう。

何がわからないかを説明できるようになれば最高です。





近頃は、「自分の頭の中をみせる」ということを意識しています。

初見の問題をあーでもないこーでもないと言いながら解いてみて、問題へのアプローチの仕方が伝わればいいなと思っているところです。

よく間違えて、答え見せてということも多々あります。

高校生の「場合の数」や「確率」なんかはしょっちゅうです。

こんなん数えるだけや!注意するのは「もれ」と「重複」や!と豪語して、たいてい数え漏れが発生しています。

ダサい。

誰にでも苦手分野はあると思って開き直っています。←ダメ

精進しなくては。









関連記事

新しい教室ができました。

IMG_20170906_175210.jpg






何とかスタートできました


おかげさまで無事、新しい教室のスタートがきれました。

助けていただいたみなさま、ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。



IMG_20170827_102824.jpg

床のカーペット張りを手伝ってもらったり



IMG_20170827_102835.jpg

机や下駄箱を組み立ててもらったり



IMG_20170827_114856.jpg

休憩したり



IMG_20170827_211556.jpg

一日で形になりました

ありがとう!



IMG_20170827_212022.jpg

テナントのオーナーさん(かわらやさん)からごっつい木もいただきました。

うれしい!

枯らさないようにしなくては。




IMG_20170906_175129.jpg

早速いたずらされています。




IMG_20170906_175025.jpg

椅子はイームズのリプロダクト品にしてみました。

座り心地抜群!

4000円もしなかったのでお買い得です。



本物は5万円ほど。

一脚くらいほしいな。

どれが本物でしょう?みたいにしてみたい。

本物を知るのは大事。





IMG_20170906_173801.jpg

そして、勉強もがんばるのです。













関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: