「なんで?」の答えを持ってないときもある。

house-painter-3062248_640.jpg






顕微鏡の手順につての疑問

先日、中1の塾生とテストの見直しをしていた時の話。

顕微鏡の使い方についての問題を間違えていたのでいっしょに手順を確認。


顕微鏡の使い方

1.直射日光のあたらない水平なところに置く

2.接眼レンズ、対物レンズの順に取り付ける

3.接眼レンズをのぞきながら、視野が明るくなるように反射鏡の傾きを調節する

4.プレパラートをステージにのせ、クリップでとめる

5.横から見ながら調節ねじを回し、対物レンズの先端をプレパラートの近くまで下げる

6.接眼レンズをのぞいて、レンズとプレパラートをを遠ざけながらピントを合わせる


どの教科書や参考書でもこんな感じではないでしょうか。


中1の塾生に対し、それぞれの手順の理由について「なんで?」攻撃開始。

直射日光当たったら目やられるよねとか、接眼レンズ先入れないと鏡筒にホコリ入っちゃうよね、ホコリ入っちゃったら見たいものが見えづらくない?みたいな話をしていた。

実験器具の使い方って「安全第一」が原則みたいなもんで、ケガしないようにだったり、実験器具が壊れないようにだったりを考えていけば自然と手順が決まるよ。

という感じで進んでいったのですが、ふと顕微鏡の手順の「3」と「4」の順番は絶対?という疑問が。

テストの問題を見てみると「3」と「4」の順番を問うているではないか。

プレパラート乗せてから反射鏡いじったらなんか不具合あるんやろか?

プレパラート乗せてから反射鏡いじったらプレパラート壊れる?

プレパラートを乗せてからだと明るさ調整しずらい?

なんでやろ?わからんなあ。調べてみよう!

ということで、塾にある参考書を引っ張り出して調べてみる。

高校生物の参考書にも載っていない。

グーグルの出番だ。

出てこんなあ。


時間がかかりそうだったので結論は保留にして、次の問題に進むことに。


さらに調べていくと、とある教育大学のサイトに顕微鏡の操作順序が逆のものをを発見。

しかもピントを合わせてからも反射鏡をいじっている。

いつでもいいの?

その都度明るさを確認するの?


調べた結果、明確な理由が見当たらなかったので、学校の先生に聞いてみてという宿題をお願いしました。

学校の先生の答えは「わからん」だったそうです。

なんとももやもやする終わり方。

塾生的には「こういうもんやってことで」とすっきりした様子なんですが。

う~ん。

テストに出すぐらいなら明確な理由が知りたいところです。

もやもや。







 



関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: