「なんで?」「それなに?」攻撃。

detective-1424831_640.png







「なぜそうなるのか」
方べきの定理をなんとなく暗記している高校生に「なんでそうなるの?」攻撃。

IMG_20180119_224552.jpg

だいぶ前に、「方べきの定理って結局相似比使うから覚えんでよくない?」みたいな話をした。

それは頭の中にあったようで、「相似…」とは答えられた。

「じゃあ、説明できる?」→「できない」となったので「どの三角形の相似使うんやろ?」→「わからん」となった。

ということで、相似の証明へ。

「どことどこの角が等しい?」→不正解。

「『円に内接する四角形の角』で思い出すことない?」→う~ん。

IMG_20180119_230023.jpg

「これと等しい角はどこでしょう?」→不正解

「じゃあ、円に内接する四角形の対角の和は?」→「180度!」

「なんで?」→「…」

IMG_20180119_230640.jpg

という感じで進んでいくので、しょっちゅう「で、どんな問題やったっけ?」となります。



でも、こうやって知っててもわかっていない、理解していないことをあぶりだすことって大事なんです。

何がわかっていなくてできなかったのかを一緒に探すんです。

前の段階に戻って理解していくって大事なんです。

ひたすら「なんで?」って聞かれるので、生徒はつらいと思います。

よくついてきてくれているなと感心します。



結局、「じゃあ、円に内接する三角形の時ってどうなる?」と進んでいくので1時間くらい問答していました。

そこから問題を解くことを再開です。

これを自分でできるようになってくれることを目指していたりします。

自分で自分に「なんでそうなるんやろ?」と問いかけられて、調べて解決するところまで出来たら塾は卒業です。





数学に限らず、いろんなことに自分なりの答えを考える習慣がついたらいいなあと思っております。













塾の風景。

IMG_20180109_190810.jpg






最近の塾生たちの様子

この時期になると、受験生は当然のように頑張ります。

本人なりには頑張っているつもりなのでしょうが、こちらが考える頑張りレベルに達していない生徒も当然います。

この時期に、それなりに頑張れない生徒につける薬は持ち合わせていないので、よく考えて勉強に取り組んでほしいところです。

頑張る生徒は、こちらが心配するほど思いつめながら勉強に取り組んでいます。

そこはもう少し楽に構えていいよという感じです。






さんざんやった数列がすっぽり抜け落ちちゃった高2。

IMG_20180105_165657.jpg





苦手克服に励む、やる気に満ち溢れた中3。

IMG_20180105_201840.jpg






年代物の古語辞典を有効利用してくれる高2。(ボクが高校生の時に所有していた代物です。ほぼ新品。)

IMG_20180105_201650.jpg







参考書を家から持参し、巧みに使いこなす中1。

中1でそれができるのは尊敬に値します。

IMG_20180105_201555.jpg








高知に旅行に行った生徒にお土産をいただき、たまらずすぐ食べちゃいました。

IMG_20180109_195441.jpg

ありがとうございました。














子供たちの可能性を過少評価しすぎないで。

father-and-son-3046490_640.jpg






「うちの子には無理」→「うちの子はできる」と信じてほしい

最近、自分の子供の可能性を限定しすぎているんじゃないかと思う言葉がちらほら聞かれたので思うところを書いてみます。

もう少し、子供の可能性を信じてあげてもいいんじゃないかなと。

塾に来て、家では見せないかもしれないすごく頑張っている様子をしょっちゅう見ているので余計にそう思うのかもしれません。

子供たち、思っている以上にやりますよ。

ただ何となく勉強しているだけだった生徒でも、自分で課題を見つけて、改善する努力をするようになっていきます。

授業中ずっと「早く終われ」と思っているような生徒でも変わる姿を見てきました。

いつスイッチを入れるのかはいまだにわかりませんが、何かしらのタイミングで自分でスイッチを押すんです。

突然、学習に対する心構えが変わるんです。

こういう成長が見られるのでこの仕事は楽しいです。



ずっと見続けてきた我が子のことは何でも知ってると思ってしまうとかもしれませんが、まだまだ可能性を秘めているはずです。

子供の限界を親が決めずに、伸ばせるだけ伸ばしてあげたいところです。











2018年、スタートしました。

IMG_20180104_171616.jpg






今年もよろしくお願いします

今日は2018年最初の営業日。

そんなに生徒たちも来ないだろうと思っていたら、開室直後からぞくぞくと集まって来ました。

そんなに来ないだろうと思ってしまってごめんなさい。



学校の宿題も終わり、塾の教材に2時間ほど黙々と取り組む小学4年生。

私立高校の過去問を解き、弱点克服のためのプリントを要求する中学3年生。

作文に悪戦苦闘する中学3年生。

大量の学校の課題に悶絶しながらも、冬休み中毎日頑張る中学3年生。

マイペースに学校の課題をこなす中学2年生。

センター試験の練習をしてみて自己嫌悪に陥る高校2年生。

センター試験の練習をしてみて現代文9割超えて喜ぶ高校2年生。

定期テストで5教科450点を取る目標を立て、学校の課題を繰り返し解く中学1年生。

などなど。



みんな、新年早々、全力で頑張っております。



それぞれの目標に向けて、少しずつ背伸びしながら、いっしょに楽しく学んでいきましょう。



今年もよろしくお願いいたします。


















もうすぐセンター試験。

homework-2521144_640.jpg






センター試験について思うこと

1.センター試験対策ばかりやるのはよくない

2.センター試験対策はやるべき

3.第一志望が私立大学ならセンター試験対策はやらなくていい



つまり、自分にあったセンター試験対策に費やすべき時間をしっかり確保しましょうということです。



国公立大学志望の人は避けては通れないセンター試験。

当然、センター試験で確実に得点できる力をまずつけておきたいところです。

基礎をしっかり身につけた上で、2次試験に向けて勉強していればそれなりに得点できるかもしれません。

が、センター試験と2次試験は全くの別物と考えておきましょう。

センター試験は全然簡単ではありません。

ロザン宇治原が数学の大問ひとつ分を丸々落としてしまうようなレベルです。

簡単ではない上に、時間に追われること間違いなしです。

例えば、神戸大学の数学の2次試験は文系で3問・80分、理系で5問・120分で、落ち着いて考える時間の余裕はあります。

センター試験の数学は大問4つで60分。

大急ぎで解かないと間に合いません。

計算ミスしようものなら時間もロスしますし、焦ってさらに間違うかもしれません。

センター試験の英語も国語もかなりぱっぱと解いていかないと全く時間が足りなくなります。

そういう試験となっております。

なので、しっかり対策した受験生が8割、9割の得点を取ってくるのだろうと思います。

そうこともあって、早めに過去問に触れることを積極的に推奨しています。

中学生にもセンター試験に挑戦してもらってりしたこともあります。

意外とできたりするんです。

プレッシャーも何もないので、クイズみたいな感じで楽しくできたりもします。

高校1、2年生もこの機会にセンター試験にチャレンジしておきましょう。

自分の実力を直視しておきましょう。

過去問から逃げている生徒が受験で成功するイメージは全く湧きません。

いつ自分と向き合うのだろう?という感じです。



私立大学しか受験しないならセンター試験は受けなくていいと思いますし、対策もする必要はないです。

その大学の過去問を研究してくれればいいと思います。

過去問を解いて、自分の実力と志望校との差をはかり学力の穴を埋めていく作業を進めていきましょう。



センター試験に限らず、テストというものは当日何が起こるかわかりません。

ボク自身もセンター試験本番で得意の数学1Aが77点(文系の同級生にも負けた)と受験科目の中で最低だったり、一番苦手な国語が8割超えたり(まぐれ)。

得点なんて本番のテストの難易度にもよるのでなんとも言えないですが、できる限りの準備はしていきましょうということです。

できる限りの準備をした上で、当日点数が取れなければ「問題が難しすぎた」と開き直るくらいのメンタルに調整していきましょう。

当日入れ込みすぎて「ダメだ」ってなっちゃうと他の科目にも影響しかねないので、ある種の開き直りは必要です。










結論:試験当日「やることはやった」と思えるような頑張りを今のうちにしておきましょう。












プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: