FC2ブログ

おすすめ教材~英単語編~

IMG_20171107_162445 (1)






やっぱり「システム英単語」

英語が苦手という人は、単語を知らないことが多いように思います。

英単語を知らないから読めない→英語嫌い→英語苦手となっていきます。

まずは単語を覚えてみませんか?

そこでおすすめなのが「システム英単語」です。

回し者ではありません。

ボクは大学受験の時は「ターゲット1900」を使っていましたが、「システム英単語」のほうが効率が良いように思います。

「ターゲット1900」なら800語、「システム英単語」なら600語である程度英文が読みやすくなってくると思います。

「ターゲット1900」で1300語、「システム英単語」で1200語覚えられたら、センター試験まではほぼ完ぺきに対応できるでしょう。







単語を覚えよう!


いうのは簡単ですがやるまでが大変。

最初の100語くらいは勢いで行けるのですが、そのあとがなかなかしんどい。

継続する意思が必要です。

ここでモチベーションになってくれるのが、「模試」です。

進研模試は高校生ならみんな受験していると思うのですが、そこで覚えた単語が出てくるとテンションが上がります。

そうなると、そこからもっと覚えようという向上心が生まれてきやすいです。

英単語を覚えることがどんどん楽しくなってきます。

英文もどんどん読めるようになります。

「読める。読めるぞ!」状態です。



さあ、みんなでムスカになろう!












計算力を鍛える。

IMG_20170802_122756.jpg







夏休みは計算と英単語

高校生に言い続けている「計算力」と「語彙力」。

高1、高2のうちにある程度仕上げておいてほしいのです。

高3になって計算でつまづいたり、英語の単語が分からず文章の意味がとれないとかを避けたいのです。

今のうちに受験に向けての土台づくりをしていきましょう。

計算力を鍛える教材はいろいろ提示しているのですが、塾生たちのお気に入りは「数学の計算革命」です。




これ暗算でやるの?とびっくりするぐらい難しいのですが、塾に来たらまずこれやってる高2が多数います。

ホント感心します。

IMG_20170802_123609.jpg

こうやってしっかり記録する生徒もいれば、しない生徒もいます。

記録していけばいいよとは言っているのですが、いろいろです。

好きなようにやってもらっています。

でも、ちゃんと記録をつけることでゲーム感覚で楽しみながら、達成感も味わいながらやれている生徒は伸びていくんだろうなとは思ってたりはしています。



「計算革命」が難しすぎると感じる人には




それでも難しいと感じたら



から始めてはいかがでしょうか。

Quizletで単語帳を作ってみました。

単語を覚えるお手伝い


https://quizlet.com/Qstudio19/folders/37554718

自分で作れるようなので、興味のある人は自作の単語カードを作ってみてはいかがでしょうか。

他の人が作ったやつを借りてくることもできるようです。

すごい時代になったものです。

テストも作れますしゲームもあります。

なかなかにやってみると面白いです。

あとは続けられるかどうかです。








継続してがんばれるのであれば、昔ながらの単語カードでも、システム英単語でも、ターゲットでもなんでもいいと思います。

ボクの時代はターゲットが主流だったと思います。

ターゲット使ってました。

1900覚えきれずに入試に突入しました。

皆さんそんなことのないようにコツコツ語彙力を積み上げておいてください。

今のお勧めはやっぱりシステム英単語かな。



1・2・5章を優先的に覚えておけば長文が読みやすくなると思います。

2週間ひたすら英単語を覚えることをやった生徒は、覚えた英単語が出てくると喜んでいます。

まだ600ほどなのですが、よく出る単語であることを実感しているようです。

早めに英語単語を完成させると長文も読みやすくなりますし、他の教科の勉強時間も確保できるようになりお得です。

どんどん覚えてしまいましょう。

シス単でひととおり単語を覚えたら、速読英単語に移るのもいいと思います。



長文を読みながら、覚えた単語の復習になるので一石二鳥です。

速単から始めるのは効率を考えるとどうかなという感じです。

例えば、「permit」がシス単では210番目、速単では1882番目となっているのでシス単をやっていく方が単語力が付いた実感が得やすいのではと思うのです。


必ず自分の目で見て選んでくださいね。

これなら最後までやれそうという本を選びましょう。

そして最後までやり抜きましょう。

単語は出会わないとすぐ忘れていくので復習も忘れずに。











おすすめ教材~化学基礎~

IMG_20170620_171545.jpg




まずはじめは「とってもやさしい化学基礎」がおすすめ




とにかくはじめからやりたい。

まったく化学基礎がわからない。

そんな人にはこれ。

かなり削ぎ落とした問題集になっている感じです。

書き込まずに何度もやってみよう。

これに物足りなさを感じるようになったら次の参考書にいこう。







この本から始めても問題なし




「とってもやさしい~」には炭素の同素体には黒鉛とダイヤモンドのみ紹介されている。

こちらでは構造が分かる図入りでダイヤモンド、黒鉛、フラーレンが載っている。

SCOP(スコップ)と覚えようとかも書いてくれている。

これに載っている問題が完璧にできればセンター基礎はカバーできそうです。




塾生はこれで二次試験までやりとおしました。

公式当てはめマンにならないように気をつけながらはやってもらいました。

そうやっているうちに、公式の意味を理解して公式を自由に使いこなせるようになっていました。

(本当は最後まで公式に頼ってほしくななかったのですが)





いろんな人がいろんな参考書を勧めていますが、自分の目で見て確かめてから買うことをお勧めします。

選んだからには最後までやりきってください。

見栄を張って選ばず、やりきれそうなのを選んでほしいと思います。





プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: