中間テストの結果。

productivity-148197_640.png







次にどう動くかを考える

続々と中間テストの結果が返ってきつつあります。

自分が思っていた結果が出なかった生徒、思った以上に結果が出せた生徒、思った通りの結果だった生徒に分かれます。

日々の学習の際に、良く考えてできている生徒は良い結果を残せています。

課題をこなす、とにかく繰り返すということが目的になっているのでは?と思われる生徒は、思った結果が出せていない傾向にあります。





中学1年生は、初めての定期テスト。

どれくらいの勉強をすれば、これくらいの点数が取れるという感覚をつかんでいってほしいです。

100点取るつもりでとことん勉強してくれたらいいのですが、どんな勉強をすれば結果が出るのかということも考えて学習していってほしいです。

結果は結果として受け止めて、次にどうすれば良いかを考えましょう。

良かったところは継続して、良くないと思ったところは改善する。

それを繰り返すことで、成長していくことができます。

テストが返ってきた後も大事で、テストのために準備したけど間違えてしまった問題を必ずできるようにしておきましょう。

テストが終わったから終わりではなく、次に学ぶことにつながっていきますし、高校受験の時にも問われることになるので、綺麗さっぱり忘れてしまわないように、次に繋げていってください。



中学2、3年生は何度も経験している定期テスト。

結果が伴う努力の仕方はもうわかっているのではないでしょうか。

あとは、それを実行できるかどうかだけです。

できない・わからない問題をできるようにしていく努力をする生徒は結果を残せています。

できない・わからないを放置してしまうようでは、結果が伴わないのは当然です。

今回90点以上を目指す塾生が多かったので、「100点取ろうと思わないと90点取れないよ」と伝えました。

ちょっとでも不安なところを残してしまうとすぐに80点台、下手したら70点台になるよと。

神は細部に宿るので、完璧を目指して頑張ってみましょう。

中学3年生は特に、そのまま内申点に関わってくるので結果にこだわりましょう。



高校生は、推薦をもらいたいなら定期テストはしっかり頑張る、そうでないなら大学受験に向けた勉強を優先したほうがいいといっています。

大学受験に向けた勉強をしていれば、定期テストはそれなりに得点できるはずだと思っています。

定期テストの対策を全くせず、受験に向けて数学に力を入れている塾生たちが、実際定期テストで90点近く得点しています。

それ以外の科目は平均点くらいかな?

入試で使う科目はもうちょっと得点してほしいという気持ちはあるのですが、数学を優先していたので良しとしましょう。

ここから上げていってもらいましょう。





テストの結果も大事ですが、それまでの取り組みも大事です。

テストごとに勉強方法や勉強への取り組み方をしっかり振り返って、次にいかしてほしいと思います。





塾生のみんなは、成績表が返ってきたら見せてくださいね!

次の作戦を一緒に練りましょう!










関連記事

第1回 Q's Lab が開催されました!

1527398451860.jpg







兵庫県の公立高校入試問題より

IMG_20180528_175125.jpg

今年の理科の入試問題ですね。

これを解くために必要な知識を実験から学んでみます。



1527398616921.jpg

よ~く観察して、仮説を立ててもらいます。

20180528183818.jpg

「水を入れてみたい」ということで入れてみたり、鉄の球を入れたり、ペットボトルのキャップを入れてみたり。

どんなものが浮いて、どんなものが沈むのかを考えてみます。

「重いほうが下に行くのでは?」と5歳児が仮説を立てていました。



1527398493922.jpg

メスシリンダーの使い方を学んだ後、100均の計量カップで200mlを量り、その重さを量ります。

本当は、同じ質量で体積を量って比べたほうがいいとは思うのですが、お家にあるもので実験するという裏のコンセプトもあり、今回はわかりやすく比べてみます。


重さを量り、メモしたものを参考に、順番に瓶にそそぐとどうなるのかを予想してもらいます。

はちみつとお酢以外は自由にチョイス。

1527498886494.jpg


1527498888827.jpg



そして、瓶にそそいでいきます!



完成!

1527398512080.jpg

予想通りにできたかな?

「サラダ油よりごま油のほうが密度が小さいのに、下にいくのはおかしい」ということで、解説。

「実験器具の精度が低いからです。本当はごま油のほうが密度は大きいのです。体積がちゃんと量れてなかったかな。」

そんなこともあります。

実験には失敗がつきもの。

失敗から学びます。

そして、考察。

1527498899449.jpg


からの、入試問題に挑戦。

小学生も挑戦。

1527498911764.jpg

重いもの(密度の大きいもの)が下に行くという知識をもって、文章中の「水と油は混ざり合わない」「水とエタノールは混ざり合う」を考慮して考える問題。

IMG_20180528_174930.jpg

個体でも考え方はいっしょ、という問題。

IMG_20180528_175125.jpg

小学生たちはよく考えて答えを出せていました!!





どの問題も、密度を求められることが大前提。

中学生たちはみんな間違えていたのでは?大丈夫かな?

密度とは「単位体積あたりの質量」だよ。

今回は「1㎤あたりの質量」だよ。

「単位〇〇あたりの△△」はいろんなところで出てくるよね。

速さだったり、圧力だったり。

全部まとめて理解してしまおう!



入試問題に挑戦中。

1527498926357.jpg

普段から受験やその先を意識して頑張れるといいね。






実験楽しんでもらえたでしょうか。

ドレッシングにお塩を入れ忘れたのはごめんなさい。

胡椒を少々入れるとさらにおいしくなると思います。





うちの息子がドレッシングを床にぶちまけたので、教室が少しお酢臭いです。

次の実験は何しようかな?

炭酸水素ナトリウムの加熱分解(カルメ焼き作り)がやりたいとは思っているのですが。

リクエストお待ちしております。










関連記事

理科の実験がしてみたくなったので。

20180627Qs Lab比重







やります!

名付けて「Q's Lab(キューズラボ)」

今回は、兵庫県公立高校入試問題(理科)を題材にやります。

「密度の違う液体を混ぜるとどうなるか?」です。

対象年齢は不問。

みんなで楽しく実験しつつ、ちょっと入試問題見てみようくらいの感じなので、小学生でも小さいお子さんでも、高校生や大人でも参加していただけます。

cocktail-3327242_640.jpg
※写真はイメージです(カクテルは作りません)




Q's Lab

テーマ:密度の違いを観察する

対象年齢:不問

日時:5月27日(日) 10:30~12:00

参加費:500円

場所:学習塾Q

TEL:079-550-9041





関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: