基本問題に落とし込む。

IMG_20180404_182331.jpg






基本が大事とはいうけれど

基本を理解するって難しいです。

上の写真の問題みたいなやつに出会ったときに、まずは↓これつかうんじゃない?と思えるか。

IMG_20180404_212844.jpg

↑その時に、この問題をどこまで理解しているかが大切かな。

ただ単に、「三角形に内接する円」といえば 「S=1/2・r(a+b+c) !」みたいな高校生がいたので、「なんでそれが成り立つの?」という、いつもの質問をしてみたところ、撃沈していました。

というか、その公式は覚える必要なし!と伝えました。

「円の接線とその接点を通る円の半径は垂直」ってのは覚えてもいいかな。

というか、当たり前くらいの感じかな。

証明は背理法かな?

とまあ、覚えることを最小限にして上手に活用する力を磨いてほしい。



英語でも、参考書に書いてあったので、「go well with ~」を「調和する」って覚えます!っていう塾生と、「それって、何かを携えて上手に行くでいいんじゃない?文脈に合わせて意味をとれば」などと言い争っています。

This sake goes well with the sushi.
「このお酒はお寿司に合うね~」っていう文章とかだったら「調和する」っていうのもありだろうけど、

Things are going well with me.
「順調ですわ~」っていう文章になると「調和する」ってなんかね・・・



できるだけ覚えるのを減らすことに、頭を使ったほうがいいのではないでしょうか。

覚えて乗り切る作戦だったら、忘れてしまったときに、「忘れた!もう無理!」みたいにならないかな。

覚えることを最小限にして、活用することに頭を使う習慣をつけていくことで、見たことない問題が出てきても、少しは考えられるようになっていくのではないでしょうか。



ちなみに、写真の問題は新中学3年生(白陵中)です。

恐ろしいレベルの問題に取り組んでおります。











関連記事

なんでその答えになったの?

why-2547202_640.jpg






確信をもって答えを出してほしい

この質問をすると、速攻で自分の答えを否定する生徒は多い気がする。

正解していても、消しゴムで消そうとする生徒も多い印象。

こっちとしては、純粋にどういうふうに考えてその答えにたどり着いたのか知りたいだけなのに。

正解している時も間違っている時もこの質問はします。

間違っていたとしても、どういう考え方をしてその間違いにたどり着くのかも知りたい。

質問に答えているうちに、間違っていることに気づいたりもする。

ちゃんと理解して解けているかなという確認もしておきたい。



何が言いたいかというと、「消さないで!」ということ。

すぐ消さないで!

正解なのに消さないで!

間違いを自分で探してほしいから間違えてても消さないで!



「間違えてるのかも」と思ったり、指摘されてすぐ消したりしちゃうのは、間違い=悪みたいに思っちゃっているのではないのだろうか。

間違えることは悪いことじゃないというのは徹底して伝えていきたい所存です。

間違えるところを発見するために問題を解くのだ!くらいに思ってくれてもいいと思うのです。

そりゃ、正解するほうが気持ちいいのですが・・・

間違いを発見し、それを修正していく習慣がついてくれればいいなあと思いながら見守っております。













関連記事

いつから塾に通うのがいいか。

slippery-floor-98671_640.png







いますぐです!

新中学1年生、新高校1年生によくきかれる言葉に、

「新しい生活に慣れてから」

とか

「受験が近づいたら」

とか

「つまづいたら」

などがあります。



確かに、自分の力である程度(ほぼ完ぺき)に学校の授業が理解できれば問題はないかもしれません。

ただ、つまづいてしまったときにはすでに遅いというのが本音です。

つまづいてしまってから塾に行って頑張ろうと思ってくれるのはいいのですが、その科目や勉強自体に苦手意識がついてしまっている場合が多く、まずはそれを和らげていくところからはじまり、つまづいたところまでさかのぼって穴を埋め、今の進度に合わせられるようになろうと思うと、相当の時間と覚悟が要求されることになります。

高校入試は競争もそこまで激しくないので、間に合うこともあるとは思いますが、それなりの大学(国公立大学・関関同立など)を目指すのであれば、早めに準備するにこしたことはありません。



特に、公立高校に進学した生徒たちには知っててほしいのですが、私立に生徒たちははるか先を走っています。

京都共栄(バタビア)、三田学園中→高、白陵中学校(春休みのみ)の生徒も来てくれているのですが、いい刺激をくれています。

1年以上も前倒しで高校内容を終えれば、そりゃ準備万端で大学受験に臨めるよねといった感じです。

そんな人たちと競わなくてはいけないのが、大学入試です。

三田祥雲館、篠山鳳鳴(総合科学コース)、柏原(知の探究コース)の生徒たちは、最後尾からのスタートという感じではないでしょうか。(たまにどえらい学力をもった生徒はいるようですが・・)



中学1年生も、高校1年生もそこちゃんと理解しておかないと確実にあとで困るよという単元が目白押しなので、それなりの塾でフォローしてもらっててほしいなあというのが正直な感想です。



中学生で成績が下がってきので塾に行く。

そもそも計算ができない。

正負の数の計算(中1)からおさらい

分数の計算でつまづく

小学校の計算のおさらい

みたいなやつもよくあります。

そもそも小学校で学んだことができていないことはよくあります。

これは中学生になる前におさらい出来てたら・・とかは思ってしまいます。



高校生でも、

さあ受験勉強頑張るぞ!

三角関数の問題やけど、こうやって2次関数の問題って考えたらできるよ

2次関数がわからない

2次方程式もあやふや

高1からおさらいや!

となったりもします。





ふと思ったのですが、とりあえず塾に行くという選択肢もあっていいのかなと。

とりあえず塾に行って、基礎なり、考え方なり、勉強の仕方を身に付けておくっていうのはありなのではないでしょうか

その後、勉強に力を入れたくなくなったり、入れる必要がなくなったりしたときに塾を辞めるというのもありなのかなと。

勉強していくうちに、もっとやらねば、もっとやりたいと思うようになることも多々あるので、そんなことも思ってみました。









関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: