関連記事

理科の実験がしてみたくなったので。

20180627Qs Lab比重







やります!

名付けて「Q's Lab(キューズラボ)」

今回は、兵庫県公立高校入試問題(理科)を題材にやります。

「密度の違う液体を混ぜるとどうなるか?」です。

対象年齢は不問。

みんなで楽しく実験しつつ、ちょっと入試問題見てみようくらいの感じなので、小学生でも小さいお子さんでも、高校生や大人でも参加していただけます。

cocktail-3327242_640.jpg
※写真はイメージです(カクテルは作りません)




Q's Lab

テーマ:密度の違いを観察する

対象年齢:不問

日時:5月27日(日) 10:30~12:00

参加費:500円

場所:学習塾Q

TEL:079-550-9041





関連記事

小学3年生の割り算。

divide-40654_640.png







10÷3は?

息子(小3)「割り算習った」

ボク「10÷3は?」

息子「できひん」

ボク「10個を3人で分けると?」

息子「わけられへん」



悲しい・・・



割り算を習う前までは、できてたのに・・・

割り算を習う→習った範囲で使えない(答えが出ない)とできないになっているではないか。



確かに、割り算習いたての人に割り切れない割り算を問うのは酷かもしれない。

唐揚げの個数や、お菓子の個数に執着してきた息子は兄弟3人で仲良く分けることを考えられていたはず。

「余ったお菓子はどうしよう?」とか考えられていたのに・・・

あまりの概念はあるはずなのに・・・

あまりのある割り算を習うまで待つべきか?

いや、習っていなくても、今持っている考え方で対応できることを伝えていきたい。



中学生や高校生の塾生にもよく「小学校の知識で解ける」「中学〇年生で習ったやつや」などといいつつ、今まで学んだことと結びつけられるようになってもらおうと奮闘している。



結局、息子は「余った1個を3つに分けて3分の1づつにする」という答えを導き出していた。

分数までいっちゃった。



ちなみに、ボクの答えは「余った1個はお父さんにあげる」です。









関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: