中間テストの結果(続報)

office-3295556_640.jpg








成績表で一喜一憂

中間テストの結果で一喜一憂しよう!(がんばった人に限る)



460点取っても、「あれがダメこれがダメ」「もうちょっととりたかった」という中学3年生。

間違えた理由をしっかり分析できているので、次に期待。


430点を超えて無茶苦茶喜ぶ中学2年生。

いつもと違う勉強方法で挑んだテスト。

結果が返ってくるまで不安そうにしてたけど、結果を見て大喜び。

期末テストに向けて、さらに気合が入った様子。

次も楽しみ。



400点に届かず悔しがる中学2年生。

テストを振り返り、反省し、次のテストでの巻き返しを図る。

くじけていないのがいい!

勉強の取り組み方が良くなってきているので、結果はついてくるはず。



前回の課題テスト、学年1位(数学)の高校3年生。

1.png

惜しくも、2連覇ならず。

「入試で点とれないと意味ないんで」と相変わらず。



中間テストで、数学の問題が解けなさすぎて、涙した高校3年生。

2.png

結構とれてますけど・・・

目標が高いのは良いこと。

まだまだ伸びる!

(こうなると「応用数学Ⅰ」の2位がだれか気になってしまう)



そんなこんなで、もうすぐ期末テスト。(早い)

自己ベスト目指してがんばるのだ!



IMG_20180612_195346.jpg



IMG_20180612_195359.jpg



IMG_20180612_195438.jpg



IMG_20180612_195457.jpg




関連記事

計算ミスをなくすには。

IMG_20180601_165144.jpg







「先生、11番解いてみてください」

といわれたので、問題を確認。

「余弦定理と正弦定理を使って計算したら終わりじゃない?」と伝えるも「解いてみてください!」と引いてくれない。

何か落とし穴でもあるのかな?と思いつつ、仕方なく解いてみる。

解いている途中に2回ほど「怪しい・・・」となった。

間違えているのでは?と問題を解く手が止まる。

一つ目は、cosθの値がマイナスになったとき。

絵をかいても、何をどう考えてもマイナスにはならないはず。

確認すると、やっぱり計算ミスをしていた。

セーフ。

二つ目は、長さの2乗がマイナスになる。

ありえない。

確認すると、やっぱり計算ミス。

間違えすぎやろっ!と思いつつ、なんとか正解にたどり着く。

途中、相加平均と相乗平均の大小関係を使う場面に遭遇したくらいで、そこまで難しくない。

なんだったんだ?



まあ、でも、解くところを見てもらうというのはいいなと改めて思った。

しかも、計算ミスを発見したところを見てもらえたのも尚良し。

(ちゃんと見てくれてたかな?そんなことより間違えすぎ!)

一応、何で手が止まったのか、何に違和感を感じていたのかを説明できたし、実践できた。(実践しようと思っているわけではない・・・)

計算ミスを防ぐには、いちいち合っているかを確認していくしかない。

そのひと手間を惜しまないでほしい。

その習慣をつけることで計算ミスは減っていくはず。

常に意識することが大切。





「これも解いてみてください」

(まだやるのね・・・)

IMG_20180601_165116.jpg

(どっちもずっとマイナスになるときはないから、どっちもプラスになるときだけを考えれば・・・)

生徒:「解いてくれないんですか?」

ボク:「作戦練ってんねん」

答えバーン!

生徒:「間違ってます」


先ほど偉そうに言ってすいません・・・


じゃあこっち、バーン!

生徒:「正解です」

(ほっ)

生徒:「先生はそうやって解くんですね。解説はこういうふうに解いてたんで(シャッシャッと図示して解説)」

ボク:「スマートやな・・・」



なるほど、どうやって解くか見たかったのかな?





まあ、よく間違えるので、ジャンジャン指摘してね。

指摘できるということは、解いている過程が理解できてちゃんと追っかけられてるということ。

素晴らしいことではないですか。






とまあ、こんな感じで、日々間違えまくっております。






関連記事

予備校を体験してみよう。

予備校の各種イベント

高校3年生はそろそろ大学入試に向けて、本格的に動き出す時期でしょうか。

塾に行っている人も、そうでない人も、予備校を利用するということも視野に入れてみてはどうでしょう。

塾生にも、志望校が固まったら予備校の各大学に照準を合わせた冬期講習や直前講習は受けたほうがいいと伝えます。

夏期講習は受けてみたければ、受けてもいいかな。

そこまで強くおススメはしないです。

いまどき、各予備校でいろんなイベントを開催しているので、刺激を受けに行くのはいいかもしれません。

1日で学力がどうこうなるわけでもないですが、都会の大きい予備校の雰囲気を体験するのもいいと思うのです。



ということで、ちょっと調べてみました。

参考までに。





駿台

スーパー京大実践講座
(数学50分×3、英語50分×3  5,500円)

スーパー阪大実践講座
(数学50分×3、英語50分×3  5,500円)

体験するにはお手頃な料金。

安すぎません?

レベルも高い!さすが駿台。





河合塾

【高3生対象】 センター試験対策 夏の陣 センター試験8割突破への第一歩
(現代文・数学ⅡB・英語各90分  無料 三田教室)

【三田教室】 高3生対象 『三田の夏ゼミ‐ここで差がつく苦手分野克服‐』
(各科目90分 無料)

無料でこんなイベントあるんですね。

気に入ればそのまま継続してもらいたいという感じですかね。





代々木ゼミナール

センター試験対策セミナー -基本編-
(数学ⅠA・ⅡB・英語・古典・現代文、各60分 無料 大阪南校)

基礎力特訓ゼミ
(英語・数学・古文各60分×6回 1回あたり500円 大阪南校 もう半分くらい終わっちゃってますが・・・)

ちょっと篠山からは遠いですが。





ほかにもいろんなイベント、講座があるので気になる人は調べてみてください。



ボク自身は、高校生3年生の6月に部活を引退してから、駿台(神戸校)の夏期講習を受け、通常コースの後期、神戸大の直前講習を受けたような記憶が。

直前講習で学んだ「氷昌石」が本番の入試で問われたときにはびっくりしました。

出たっ!駿台すごっ!ってなりました。

ということもあって、直前講習はおすすめです。



授業が始まるまではコンビニで立ち読み、授業が終わればそそくさと帰っていた記憶もよみがえってきました。

情けない。

旧帝大に進学していった同級生たちは、部活をしながら塾に通っていましたねえ。

意識が違いましたね、さすがですね。



ただ、授業を受けるだけで劇的に学力が上がるというものでもないので、しっかり復習して自分のものにする努力を怠らないようにはしておいてください。



塾でも予備校でも映像教材でも、上手に使って大学受験を突破してください!





関連記事

プロフィール

学習塾 Q

Author:学習塾 Q
↓こちらもよろしくお願いします

twitter:@19studio9

instagram:19studio9

Facebook:学習塾Q

友だち追加




お気軽にお問い合わせください

📞:079-550-9041

体験授業も随時受付中です。
お希望の日時をお知らせください。

検索フォーム

メールフォーム

体験授業の予約や質問など、お気軽にお問い合わせください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容: