Quizletで単語帳を作ってみました。

教材

単語を覚えるお手伝い

「Quizlet(クイズレット)」というサイトで単語テストを作ってみました。

 

 

自分で作れるようなので、興味のある人は自作の単語カードを作ってみてはいかがでしょうか。

他の人が作ったやつを借りてくることもできるようです。

すごい時代になったものです。

テストも作れますしゲームもあります。

なかなかにやってみると面白いです。

あとは続けられるかどうかです。

継続してがんばれるのであれば、昔ながらの単語カードでも、システム英単語でも、ターゲットでもなんでもいいと思います。

ボクの時代はターゲットが主流だったと思います。

ターゲット使ってました。

1900覚えきれずに入試に突入しました。

皆さんそんなことのないようにコツコツ語彙力を積み上げておいてください。

今のお勧めはやっぱりシステム英単語かな。

 

 

1・2・5章を優先的に覚えておけば長文が読みやすくなると思います。

2週間ひたすら英単語を覚えることをやった生徒は、覚えた英単語が出てくると喜んでいます。

まだ600ほどなのですが、よく出る単語であることを実感しているようです。

早めに英語単語を完成させると長文も読みやすくなりますし、他の教科の勉強時間も確保できるようになりお得です。

どんどん覚えてしまいましょう。

シス単でひととおり単語を覚えたら、速読英単語に移るのもいいと思います。

 

(Z会文章の中で覚える大学受験英単語シリーズ) ” amazon=1 rakuten=1 yahoo=1]

 

長文を読みながら、覚えた単語の復習になるので一石二鳥です。

速単から始めるのは効率を考えるとどうかなという感じです。

例えば、「permit」がシス単では210番目、速単では1882番目となっているのでシス単をやっていく方が単語力が付いた実感が得やすいのではと思うのです。

必ず自分の目で見て選んでくださいね。

これなら最後までやれそうという本を選びましょう。

そして最後までやり抜きましょう。

単語は出会わないとすぐ忘れていくので復習も忘れずに。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました