次のステージへ向けて。

塾の話

昨日、兵庫県公立高校入試の発表がありました。

塾生たちも結果を知らせに塾に来てくれました。

今のところ全員合格です。

合格の知らせを受けた高校は、北摂三田・三田祥雲館・篠山鳳鳴・篠山産業です。

まずは、ここまでの頑張りをねぎらってあげたいです。

おめでとう!おつかれさま!

 

早めに動き出す

高校入学が確定したら、早めに次の目標に向けて動き出すことをおすすめします。

特に、難関大学と言われるところや国公立大学を目指す人はすぐに動き出してほしいです。

大学受験を終えた塾生たちも口をそろえて言います。

やるなら今すぐ!

塾生の生の声も聞いてください。

受験を終えて
受験体験記なるもの 受験生の生の声を聴いてもらうほうがいいんじゃないか? それならブログを直接書いてもらえばいいんじゃない? という結論に達したので、お願いしてみました。 快く引き受けてくれたので、公開します! ...

 

高校受験を終えた塾生たちの様子

合否の結果が出る前から次のスタートを切る塾生

中3で部活を引退した去年の8月から通ってくれている塾生。

目標を高く持ち、本人の意思でギリギリ届くかどうかという高校を受験することに。

学校の先生も不安だった様子。

余裕を持った受験ではなかったので、ボクも正直どうなるか不安でした。

毎日塾で勉強し、何をすべきかも自分で考え、不安なところは質問して解消するということを続けてきました。

推薦入試では残念ながら合格には届かず。

一般入試では同じ学校に再び挑戦することに。

勇気ある選択をしました。

一般入試が終わり、結果が出るまでもコンスタントに塾に通い次のステージへ向けて勉強を続けています。

なかなかできないことだと思うのですが、本人はあっけらかんと平然とやってのけています。

この時期何したらいいですか?

というので、

高校の内容を進めるか、今までの穴を埋めるかやな。

どっちがいいですかね?

穴埋めたほうがいいなあ。

ですよね。

ということで、ひたすらおさらい。

今のほうが落ち着いて勉強できる気がします。

とも。

強い。

で、結果は合格。

おめでとう。

で、すぐさま穴を埋める勉強を始めるという。

こんなことができる人はなかなかいないですよ。

「解き方忘れたのでできません」とはよく言うので、今後はそれの解消に精を出していきたいですね。

 

高校の内容を体験する塾生

何したらいいですか?

中学の内容はほぼ理解できてるから、高校のやつやってみる?

ということで、中学で学んだことがほぼ理解できている塾生は、高校の内容を体験しています。

新しいことをしているようで、中学までに学んだことを駆使すればできたりするというふうに思ってくれるように心がけています。

この先新しいことが出てくるけど、できるだけ今まで学んだことと紐づけてくれるような意識がついてくれたら本望です。

 

おわりに

やっぱり合格発表はドキドキしますねえ。

本当に何があるかわからないですからね。

塾生たちは「よっしゃー!」みたいな人は少ないかも。

ボクだけ勝手にドキドキしているという疑惑。

塾生たちのほうが腹がすわっているというか、なんというか。

まあ、大事なのは

次どうするか

なので、合格・不合格にかかわらず、この経験を次に活かせるように次の目標に向けて進んでもらえればと思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました